チェコ エルマルコ社製電界紡糸(エレクトロスピニング)装置の販売


エルマルコ社製ナノファイバー製造装置「ナノスパイダー Nanospider™」

Elmarco_TOP4_950x300
Elmarco_TOP1_950x300
Elmarco_TOP2_950x300
Elmarco_TOP3_950x300
エルマルコはナノファイバー製造装置のリーディング・カンパニーです

2000年、チェコ共和国リベレツに半導体産業向けのカスタム装置サプライヤーとしてエルマルコは設立されました。2004年にリベレツ工科大学の協力のもと、ノズルを用いないエレクトロスピニング(電界紡糸)装置「ナノスパイダー Nanospider™」の第一号モデルを発表して以来、ナノファイバーという新しい素材、テクノロジーの発展に貢献すべく日々装置の改良を重ねています。現在では「エレクトロスピニング装置といえばエルマルコ」と真っ先に名前が挙がるほど業界でもその名の知れ渡った存在となりました。

KAZELFAはエルマルコ製品の販売、アフターサービスにおいてアジア地域を担当しています。

ナノスパイダー(Nanospider™)とは

「ナノスパイダー Nanospider™」は、ノズルを使用しない高電圧による自由液面のエレクトロスピニング(電界紡糸)のテクノロジーおよびそのテクノロジーを使用したナノファイバー製造装置シリーズのことです。特許を取得している本技術は、ノズルを用いずシリンダーやワイヤーなどの自由表面(フリーサーフェス)からポリマーをエレクトロスピニング(電界紡糸)することで、ノズルの詰まりやノズルの配置からくる問題点を解決し、ノズル方式よりも高い生産性と簡易な機構を実現しています。

エルマルコではこのテクノロジーを用い、ナノファイバーの商業生産機を世界で初めて市販することに成功しました。その後独自の改良を重ね、2010年に開発された第2世代固定型ワイヤー電極システムによって装置としての高い完成度を持つに至り、現在ではナノファイバーの商業生産ラインの中核技術として広く利用されています。

ナノスパイダー・テクノロジーについて ≫

ナノスパイダー(Nanospider™) 製品

カタログのダウンロード

日本語 | エルマルコアジア会社案内_201902.pdf (1.42 MB)
English | Elmarco-Asia_Company-Brochure_201902.pdf (1.15 MB)

エルマルコ(Elmarco)がつくるナノファイバー

ナノファイバーとは
ナノファイバーといってもあまりなじみのない言葉かもしれません。マイクロチップ、マイクロファイバーなど聞いたことがありませんか。そのマイクロ(ミクロ)より小さいナノサイズの繊維のことです。具体例を挙げると髪の毛一本の約200分の1の細さがナノメートルです。 いかがでしょう、想像できないくらい細いと思いませんか。 この細い繊維径に加え繊維が均一に分布する特長を活かし、ナノファイバーは高性能フィルター、マスク、高機能テキスタイル、バッテリーセパレータ、再生医療、コスメなどの製品に応用されています。
さまざまな材料からナノファイバーをつくることができます
ナノファイバーを作製するにはいくつかの種類の製造技術があり、例えばセルロース・ナノファイバーなどについては最近非常に多くの文献や発表を目にしますが、エルマルコの装置ではエレクトロスピニング(電界紡糸)法を用いており、さらにはノズルを用いずにポリマー溶液をナノファイバー化できるため、ナノファイバーの大量生産に適しているという特長があります。

エレクトロスピニング(電界紡糸)法でナノファイバーを作製することの大きな利点は、さまざまな種類のポリマーを原料とすることができる点です。たとえば衣類やバッグに使われるナイロン、ウレタン、化粧水にも配合されるコラーゲン等さまざまなポリマーをナノファイバー化することができます。ポリマーを溶媒や水で溶かして液状にしたものを原料として、ナノスパイダー装置内で高電圧を印加します。プラスの高電圧が印加されたポリマー溶液はマイナスに帯電したコレクターに向かって飛び出し、その過程でポリマー溶液が細い繊維状に延伸されます。延伸され細かく分裂したポリマー溶液は一本当たり数十から数百nm (ナノメートル)の細さの繊維となり、コレクター上にナノファイバーとして網目状に堆積します。この堆積したものをナノファイバー・シート(ウェブ、マット)としてさまざまな製品に応用します。

「ナノスパイダー Nanospider™」で使用できるポリマーについて ≫

 

ナノファイバーの応用例

ナノレベルまで繊維を細くし、シート状に堆積させるとシート全体の表面積がアップします。また、シート状にランダムに堆積したファイバー同士の隙間のサイズ(孔径)も小さくなるため、ナノサイズの「網(あみ)」としても利用することができます。それらの特性を活かし、身近な製品の機能や付加価値を高めるためにナノファイバーは応用されています。
一例を挙げると、極細の繊維が密集するこにより表面積がアップするという特長を利用し、美容液をたくさん保持できるフェイシャルシートとして利用することができます。また、ナノサイズの多数の孔が均一に空いていることから、高機能マスク、エアフィルター、液体フィルター、アパレル製品などに応用することができます。
さらには、生分解性ポリマーで細胞培養足場材や人工血管をつくるなど、再生医療分野でのナノファイバーの応用にも大きな期待が集まっています。

ナノファイバーの応用例 ≫

エルマルコ(Elmarco)について

エルマルコはナノファイバーという極細の繊維をつくる装置のメーカーです。2000年チェコ共和国リベレツに半導体産業向けのカスタム装置サプライヤーとして設立されました。2004年にリベレツ工科大学の協力のもと、ノズルを用いないエレクトロスピニング(電界紡糸)装置ナノスパイダー(Nanospider™)の第一号モデルを発表して以来、常に業界のリーディング・カンパニーとして、フィルター・医療分野等でのナノファイバー応用製品の商業化に貢献してきました。

また、チェコの中でも有数のグローバル・ハイテク企業であることから、2010年の上海万博ではエルマルコの「ナノスパイダー Nanospider™」がチェコ・パビリオンで展示されるなど、チェコのビジネスを紹介する場では必ずと言ってよいほどエルマルコが登場します。

装置の製造・研究開発拠点はチェコ共和国リベレツ州にあり、計10拠点から全世界へ向けてナノファイバー製造装置を販売しています。エルマルコ社のホームページはこちら

エルマルコ東京ショールームのご案内

ナノファイバーのことがよくわかるエルマルコ東京ショールーム(KAZELFA株式会社内)に遊びにきませんか。
見学は随時受け付けております。お気軽にお問い合わせフォームよりご予約・お問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © KAZELFA CORPORATION All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.