チェコ エルマルコ社製電界紡糸(エレクトロスピニング)装置の販売

Ritsuko Arima Harp Recital in Tokyo

Ritsuko Arima Harp Recital in Tokyo

Download brochure here

Date:November 9, 2018
Venue:Parthenon Tama Small hall
Start:19:30(19:00 doors open)
Organizer:KAZELFA Corporation
Supported by: Tama City Embassy of Czech Republic  in Japan

■Performer■
Ritsuko Arima(Harp)
Ami Fujiwara(Piano)*

■Track■
J. S. Bach| Suite No. 1 BWV 996
B. Smetana | Ma Vlast (My Country) – Vyšehrad
F. Godefroid| Carnival of Venice for Harp Op. 184
R. Gliere | Impromptu for Harp
A. Ginastera | Harp Concerto Op. 25 *

■Ticket■
Ticket Parthenon Tel. +81-42-376-8181
Open : 10:00-18:00 (everyday except facility closing day)

Ticket Online

JPY 3,000(tax included) *Reserved seat only
※ No preschool children allowed
※ Performers and tracks may change without notice due to circumstances
※Except in the case of performance cancellation, refund / change of tickets after reservation / purchase
We do not accept cancellation.

About – Ritsuko Arima Harp Recital in Tokyo 

Ritsuko Arima, a nova of Japan’s harp world, who won the 1st prize in the 27th Japan Harp Competition, Professional Category in 2015, will hold a solo recital in November this year at Parthenon Tama, Tokyo, Japan.

Speaking of the harp recital at Parthenon Tama, it is still new to memory that the only recital performances in Tokyo was held at this hall by Jana Boušková (Principal soloist of Czech Philharmonic Orchestra), the queen of the harp world who came from the Czech Republic in June last year.

Harp music are widely popular, such as one of instruments in the full orchestra, or a concert of salon music playing with flutes etc. but have little opportunities to listen individually as a solo instrument, The solo recital by Boušková gave a huge response from various fields with brilliant sounds and emotional rich musical expressions.

This year, Ritsuko Arima will appear on the same stage as Boušková. Arima was under Boušková’s tutelage as during her enrollment at the Czech National Brno Philharmonic Academy from 2014 to 2016.

The greatest feature of this recital is the Harp Concerto by Argentine composer of the 20th century, Alberto Evaristo Ginastera. Composed from 1956 and premiered by master harpist, Nicanor Zabaleta in 1965, this “Harp Concerto” has become an extremely important repertoire for every harpist in the world.
Ritsuko Arima also played this piece when she won the Japan Harp Competition in 2015. Ami Fujiwara who instructed music to Ritsuko Arima at that time, will play the orchestra part by piano herself at this recital.

“I am extremely pleased to be able to hold a solo recital at a lovely hall called Parthenon Tama this time. Two years’ experience in Czech Republic as a disciple of Jana Boušková who I have adored since I was a junior high school student makes my body full of love for Czech, gratefulness for my teacher Jana and vigor of my own fresh sound.
I hope everyone enjoy the up-to-date sound of Ritsuko derived from the wonderful environment where I belonged,Ritsuko Arima” Ritsuko Arima tells with enthusiasm for this recital.

In addition to Ginastera ‘s “Harp Concerto”, she will play “Vyšehrad” from Ma Vlast (My Country) by great Czech  composer Smetana, Suite No.1 by J.S. Bach, Carnival of Venice and other masterpieces, and will speak about her own experience of study abroad in the Czech Republic, It is a program that can fully enjoy the charm of harp with speech.

After winning numerous competitions and winning the 1st in the 27th Japan Harp Competition in the professional category at 2015, she steadily secured high position as a professional harp player. As Arima’s first solo recital in a full-scale concert hall, we cannot miss this opportunity. There is no doubt that this harp recital will draw a lot of attention in this year’s classical music world.

 

Profile – Ritsuko Arima (Harp)
Born in 1993 in Tokyo, Japan. Started studying piano from the age of 3, and harp from the age of 8. Graduated from The Music High School Attached to the Faculty of Music, Tokyo University of the Arts. Graduated from Tokyo University of the Arts in 2015.
From September 2014, enrolled membership at Czech National Brno Philharmonic Orchestra Academy until 2016. Studied harp with Noriko Sakomoto, Risako Hayakawa, Mari Kimura and Jana Boušková. Studied piano with Ami Fujiwara and Akira Eguchi.

2004   Won the 2nd prize of The 16th Nippon Harp Competition (Junior)
2005 & 2006 Jointed to Geneva Summer Courses of Chantal Mathieu
2006   Won the 2nd prize of The 18th Nippon Harp Competition (Junior)
2008   Won the 2nd prize of The 20th Nippon Harp Competition (Advance)
2009   A member of Junior Philharmonic Orchestra
2010   Won the 3rd prize of The 2nd Hungary International Harp Competition (under 21)
2011, 2012, 2013 & 2015 Jointed to Master Class of Jana Bouskova at Courchevel
2011   Semi Finalist of Concours de Harpe Lily Laskine 2011
2014   Solist (Performed J.Rodorigo: Concert de Aranjuez with Geidai Philharmonia)
2015   Won the 1st prize of The 27th Nippon Harp Competition (Professional)
2017   CD “Contemplation – meditation – sound of harp spinning melody” released

Ritsuko Arima Official Site : http://ritsukoharp.wixsite.com/arima-ritsuko

NOW LISTEN

From the album “Contemplation – meditation – sound of harp spinning melody” by Ritsuko Arima

THE LATEST INFO

最新情報

インドのナノスパイダー・ユーザーを訪問しました

インドのチェンナイにあるAnna Universityを訪問しました。 エルマルコのナノスパイダーで日々ナノファイバーの研究を行っていらっしゃいます。 チェンナイの街は朝から活気があります。

日本不織布協会「第10回 産官学連携の集い」

2019年7月12日、大阪で行われた日本不織布協会主催「第10回産官学連携の集い」にポスター出展しました。 ナノファイバーの商業化が大分進んでいるというデータをご紹介しました。

Techtextil 2019に出展、新バージョンのNS LABを初公開

エルマルコは2019年5月フランクフルトにて開催されたTechtextil 2019に出展、新バージョンのNS LABを初公開しました。 新バージョンのNS LABは側面に窓が付きました。今までは正面と背面からしかエレクトロスピニング(電界紡糸)の様子を目視することはできませんでしたが、この新バージョンでは左右にも窓が付いたことにより、全方向からエレクトロスピニング(電界紡糸)の様子を確認することができるため、プロセス中の細かなファイバーの変化にも気づきやすくなります。また、別売りの高性能カメラを取り付けることにより、ナノファイバーの形成、テイラーコーンの密度とその形状、ワイヤ電極への溶液膜の堆積の頻度など、より詳しい分析が可能となります。

第10回[国際]二次電池展 ~バッテリー ジャパン~ 出展のお知らせ

KAZELFA株式会社はチェコ共和国エルマルコ社製のナノファイバー製造装置を販売しております。 2019年2月27日から3月1日まで東京ビッグサイトで行われる「第10回[国際]二次電池展 ~バッテリー ジャパン~」に出展します。ブースでは小型エレクトロスピニング装置によるナノファイバー作製のデモンストレーションを行います。 第10回[国際]二次電池展 ~バッテリー ジャパン~ 日   時:2019年2月27日(水)から3月1日(金) 場   所:東京ビッグサイト 西ホール ブース番号:W-10-43 *Graham C (Hong Kong) Ltd. 社との共同出展 ウェブサイト:https://www.batteryjapan.jp/ja-jp.html ~ 沢山の方々のご来場、誠に有難うございました ~    

nanotech2019 出展のお知らせ

KAZELFA株式会社はチェコ共和国エルマルコ社製のナノファイバー製造装置を販売しております。 2019年1月30日から2月1日まで東京ビッグサイトで行われる「nano tech 2019 第18回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」に出展します。 日   時:2019年1月30日(水)から2月1日(金) 場   所:東京ビッグサイト ブース番号:6N-02(チェコインベスト内) みなさまのご来場、誠に有難うございました。    

Filtration & Separation Asia 2018 出展のお知らせ

KAZELFA株式会社はチェコ共和国エルマルコ社製のナノファイバー製造装置を販売しております。 2018年12月5日から7日まで中国上海にて開催される「第7回ろ過分離アジア・第10回中国国際ろ過分離展」(The 7th Filtration & Separation Asia & The 10th China International Filtration & Separation Exhibition, 略してFSA 2018)に出展します。 深刻な大気汚染問題を抱える中国で熱い注目を集める「フィルター」、「ろ過分離技術」に特化したFSA 2018は中国のみならず日本、韓国、インドなど近隣諸国からも多くの来場者が訪れます。 Filtration & Separation Asia 2018 2018年12月5日(水)~7日(金)Shanghai New International Expo Center (中国、上海) http://2016.filtrationasia.com/en-us/index ■ ブース番号 No. C20 Graham C (Hong Kong) 社との共同ブースです。

BioJapan2018に出展します

KAZELFA株式会社はチェコ共和国エルマルコ社製のナノファイバー製造装置を販売しております。 近年高まりつつあるナノファイバーのライフサイエンス分野への応用のトレンドから、BioJapan2018へ参加することをここにお知らせいたします。 BioJapan2018 2018年10月10日(水)~12日(金)10:00~17:00 パシフィコ横浜 A・B・C・Dホール ブース番号 C-35 (チェコ共和国パビリオン内)

ANEX2018 出展のお知らせ

「ANEX2018 アジア不織布産業総合展示会・会議」は、INDA主催のIDEA、EDANA主催のINDEXに並ぶ世界三大不織布展示会の一つです。3年に一回開催されるこの展示会は、12年ぶりに日本で開催されます。 日   時:2018年6月8日(水)から10日(金) 場   所:東京ビッグサイト ブース番号:1324(ニッコーテクノ内)

PAGETOP
Copyright © KAZELFA CORPORATION All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.